PROFILE
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
OTHERS
免責事項

07
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

社会人失格?!プーから司法書士開業までの軌跡!

社会人失格の烙印を押され、心を折られた男。
そんな軟な男が司法書士として独立開業しようなどと大それたことを考えてしまった?!
<< 激闘!!2連続決済!! | main | 抵当権放棄証書 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
抵当権放棄証書
春分の日ですね。
車中はお出かけのカップルや家族が目立ちます。

僕もお出かけです!事務所に!!
.........


さて、今日はボスから頼まれていた抵当権放棄証書の作成がメインです。

A法人→平成13年4月1日にB法人が承継→B法人、C法人に包括委任状交付→B法人、平成18年4月1日にD法人に。
この関係でA法人が平成13年3月31日放棄を原因として抵当権を抹消したいとき。

だれが登記原因証明情報と委任状に判を押すんでしょうか?

僕と所長のなかでは結論が出ました。

みなさんはどうでしょうか?

たまには質問形式の投稿もありかなと思いまして。


わかった!!という方はコメントとともにクリックをお願いします!!
| 不動産 | 23:59 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 23:59 | - | - |









http://kaigyousyosi.jugem.jp/trackback/82