PROFILE
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
OTHERS
免責事項

11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

社会人失格?!プーから司法書士開業までの軌跡!

社会人失格の烙印を押され、心を折られた男。
そんな軟な男が司法書士として独立開業しようなどと大それたことを考えてしまった?!
<< 関東ブロック研修終了・・・・ | main | 再始動!! >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
遺産分割調停
今日は休み...
だけど遺産分割調停について調べることに。

午前中のこと。

まったりと緑茶をすすってたら所長より着信アリ。

一抹の不安を感じながらも、元気よく出る。

「調べてほしいことがある。甲、乙、丙、3人の相続人がいて、甲乙は遺産分割協議の内容に賛成してるんだが、丙がゴネてて、もう収拾がつかない状態。
で、乙が遠方におり、こちらに出てこれないのだが、賛成してる甲に委任して甲のみが調停に出頭する。なんてことはできるんかな?調べて」

家事審判の書籍なんて家にはないから、ネットと関東ブロック研修でもらった「家事審判手続きの実務」で調べました。

たいていは、相続人間で遺産分割協議が整わない時に、相続人のうちの一人または複数人が、他の相続人全員を相手方として家庭裁判所に調停を申し立てることができる。
っていうことは書いてあるんだけど、遠方だから他の相続人に委任すれば行かなくていいなんてことは書いてありません(T-T)

「家事審判手続きの実務」には、家事審判制度は、事件の真相を的確に把握し妥当な判断をするためにも、本人から直接事情を聴取する必要があることから「本人出頭主義」を採用している、とあるのでやはり委任しちゃって自分は行かないなんてことは出来ないのかなあとも考えられます。


どうなんだ?と悩んでいると再び所長より着信アリ。
「どう?」

「かくかくしかじかで出頭しないといけないんじゃないでしょうか?」

「そうなあ。やっぱ一回は調停に出頭してもらわないと駄目かなあ?う〜ん、じゃあ後は明日事務所で調べよう」

「はい(ん?まあいいか)」


この件も含めて事務所には相続案件がドッサリ...しかも3月...

今日は終わったら、なんか息抜きしよう。

財産って残せば残すほどおどろおどろしい争いになっていくんだなあと悲しくなってしまった方はクリックをお願いします・・・
| 福祉・後見・相続 | 14:44 | comments(2) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 14:44 | - | - |
こんばんは♪

SUPERプラス思考↑不死身の公認会計士 伊豆川裕之 です。

そうです。財産は残してはいけません。

全部使うの原則ですよ!!

愛言葉行きま〜す、ポチッと!
| SUPERプラス思考↑不死身の公認会計士 伊豆川裕之  | 2006/03/15 10:09 PM |

SUPERプラス思考↑不死身の公認会計士 伊豆川裕之さんへ

残しちゃだめですね。
自分で稼いだんだから!!
争いの火種はきっちり消していかないと・・・

ポチッと!! 
| 補助者青木 | 2006/03/15 11:29 PM |










http://kaigyousyosi.jugem.jp/trackback/76